スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    090928 対アバさん 横歩取り △8四飛戦法

    アバ先生との対局です

    戦型はまたもや横歩取り
    王位戦第7局も横歩取りだったし、最近本当流行ってますね

    携帯将棋道場の方では21局指して10局横歩取りで
    横歩率は脅威の50%弱!!(おかしいだろw)

    2009-09-29a.png

    △8四飛戦法か・・・うーん・・
    指されたこと初めてなので分からん

    最近将棋を始めたせいで△2二銀▲8七歩△8五飛しか
    されたことないのです

    とりあえず中住まいにしてみる

    2009-09-30a.png

    △1四歩に▲1六歩にしてはいけないのは
    対雪舟戦で学習済み

    △8六歩▲同歩△同飛には▲3五歩
    これも横歩取り道場4巻にあった変化のはず

    よしよし

    次の△8五飛に対して失敗しました
    △8五飛▲3六飛△2八歩で下図

    2009-09-30b.png

    ▲同金は△8八角成▲同銀△5五角で両取りでアウト
    この歩が取れません
    △8五飛戦法では▲3六飛と変化できるのですが
    その場合は8七に歩があるんですよね

    ひとつのうっかりで即死級に痛いのが横歩取りの怖いところ

    ▲3六飛に変えて
    ▲7五歩△8八角成▲同銀△7五飛▲7七桂△3五飛▲3七銀△2三歩
    までが無双先生には定跡登録されています(下図)
    激指先生ならもっと長いかも

    2009-09-30d.png

    で定跡を外れた次は▲3六歩▲3六銀▲8四歩▲8六飛▲9六歩▲1六歩
    ▲7六歩▲7四歩辺りの評価が50点の評価値の間にひしめいており
    非常に手が広い局面のようです

    本譜は△2八歩▲3七桂△2九歩成と進んで下図

    2009-09-30f.png

    次に▲1八香と上がってしまいましたがこれが悪手
    ここからラッシュを掛ければまだ難しい局面だったようです

    ▲3三角成△同桂▲8六歩△同飛▲8七歩△8五飛▲7七桂が
    一例で下図

    2009-09-30g.png

    と金を作られているので厳密には後手いいでしょうが
    先手先手をとって攻めれば、無双先生によるとほぼ互角の展開のようです

    以下は一方的に攻められてしまったので
    特にありません

    おわり

    棋譜を見る »

    スポンサーサイト

    A級順位戦 木村八段-三浦八段 その1

    2日遅れなのであまり速報性は無いですが
    A級順位戦 木村八段-三浦八段戦から

    横歩取り△3三角(△8四飛)戦法から下図
    今月号の将棋世界によると
    △8五飛戦法の復活に伴い周辺の△8四飛戦法も
    見直されつつあるようです

    2009-09-19b.png

    先手:中住まい 後手:中原囲い模様のよくある形なのですが
    この5筋の歩の突き出しは中住まいの弱点(玉頭)を突いてくのは
    分かりますが、ゆっくりしてると飛車が動いたときの反撃も怖そうです
    (▲5四香とか▲5四桂とか)

    2009-09-19c.png

    △5一金と中原囲いにせず、右銀が中央に進出してきました
    玉頭に厚みを作って先手玉を攻め立てようという腹ですね

    以下▲3七金△5二金▲4六金△7五歩▲同歩△6四銀
    と進んだ下図

    2009-09-19d.png

    先手:歩越し金対後手:歩越し銀で中央で激しい睨みあい
    ▲4六銀の形の方が自然に見えるのですが
    △5六歩▲同歩となる形を嫌ったようです
    (金なら同金とできるので△5六歩を突けない)

    △7五銀を見て、角交換した後下図

    2009-09-19f.png

    ▲同金に△9九角成確定で先手厳しそうに見えるのですが
    ▲7七桂で馬を幽閉する間に何かできればというところでしょうか

    ▲3七桂と跳ねてるのが大きくカウンターで中央に厚み
    を作れそうですね

    ▲同金△9九角成▲7七桂△5一香▲4五桂△7六歩▲7四歩
    と進んで下図

    2009-09-19f.png

    後手陣は壁なので、この時点では先手有利でしょうか
    先手は右辺に広いので大分良く見えます
    後手は飛車があまり活躍していないし
    できたと金の価値が違いそうですね

    以下は△7七歩成▲7三歩成に△3三桂と跳ねて
    玉の退路を築きますが

    2009-09-19h.png

    桂頭の桂打ちが決め手となって先手勝ち
    ここから▲2四歩~歩攻めと4二桂成で後手陣を崩壊させました

    下は投了図になります
    ▲6六歩と渋く馬筋を遮断して後手は受けがありません

    2009-09-19j.png

    横歩取りでは5筋を攻めたいのはやまやまなんですが
    無理に攻めると本譜のようにカウンターを食らって
    終わってしまうということなのでしょうね

    棋譜を見る »

    訪問者数
    プロフィール

    さくらえんじなー

    Author:さくらえんじなー
    所属:クルマ屋さん
    24最高R:1139(5級)
    称号:若駒
    党派:振り飛車党(今ココ)
    得意戦法:
      石田流 
       ゴキゲン中飛車
    座右の銘:
     実るほど頭を垂れる稲穂かな

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    13566位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ボードゲーム
    309位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。