スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    3手目6六角戦法 研究 その2

    1-1-1-B ▲5三桂不成△5二飛▲4一桂成△同玉の場合

    基本図まで

    ▲7六歩△3四歩▲6六角△同角▲同歩△6七角
    ▲7七桂△7六角成 ▲6五桂△7七馬▲6八飛△9九馬
    ▲5三桂不成△5二飛▲4一桂成△同玉

    2009-10-20k.png

    ▲5八金右に△7七桂△7六桂△5三香△5四香
    あたりが有力か
    その1でも△5四香ありましたね ▲6五角~▲4三角成
     を消せるので 要再検討)

    今回は△7七桂と△5四香の変化を見ていきます

    ( i ) △7七桂まで
    2009-10-20l.png

     ▲7八金△8九桂成▲6五角△7九成桂▲同金までは
     必然に近い手順 
     ▲6五角に代えて▲4五角もありますが
     4三角成と8三角成を見る方がよいでしょう

    2009-10-20m.png

    ここまでの駒割りは金と銀香交換で駒損ですが
    先手も馬を作れればどうか

    後手の次の手は攻防の△5四香の一手
    ▲6七金で守り△7七銀で飛車取り
    ここで▲4六桂と攻めあうか▲6九飛と
    飛車を逃がすか

    ▲4六桂なら△6八銀成▲同金上△7九飛▲4八玉
    △7四歩▲5四角△同飛▲同桂△4五角が予想進行例

    2009-10-20n.png

    これはどうやら後手がよさそうで先手失敗か 無双:-460 後手有利

    ▲6九飛なら△7二銀▲4八玉△6四歩▲7六角
    △6三銀▲4六桂△7四歩▲5六歩△4二銀が予想進行例

    2009-10-20o.png

    まったりとした展開になります 無双:-280 後手有利
    奇襲戦法狙いとしてはやや先手不満だが
    非定跡形に持ち込めたという意味ではありな展開
    ▲5四桂△同銀▲5五香あたりが狙い筋になります

    ( ii ) △5四香まで
    次に5四香の変化を見ます

    2009-10-20p.png

    先手は受ける必要がありますが
    例えば▲4八銀と受けると△7七桂以下
    (i )の変化に近くなります

    ▲4八金打と固める場合の変化を進めると
    △7七桂▲7八金△7九桂成▲4九玉△7九成桂▲同金
    △7七銀▲6九飛△9八馬▲3八玉△8七馬あたりが
    予想進行例

    2009-10-21a.png

    専守防衛という感じで面白くないですね 無双:-380 後手有利

    今回の結論は△9九馬▲5三桂不成△5二飛型には
    ▲6一桂成なら先手指せそう ▲4一桂成は先手不満

    ということになりそうです

    ▲6一桂成の方は5三香で進めたので5四香で見る
    必要があります(5四香で後手有利が決まりそうな予感・・)

    次回△9九馬▲5五角型を見ていきますが
    どうなるでしょうか

    つづく
    スポンサーサイト

    3手目6六角戦法 研究 その1

    昨日の大会で長老から授かった3手目6六角戦法を
    無双先生と一緒に研究してみます

    先手番の時のみ有効な早めの桂跳ねという少し鬼殺しぽい戦法です
    ▲7六歩△3四歩▲6六角△同角▲同歩△6七角
    ▲7七桂△7六角成▲6五桂までが基本図

    2009-10-19a.png

    ここで有力な後手の手は△7七馬 △6六馬 △8七馬 △4二玉 △4二銀
    あたりでしょうか 順番に見ていきます

    馬を作って後手有利そうですが無双先生によると
    上位5手は-100~-200で互角 やや後手持ちという評価です
    9手目でこんなに傾くというのはどうかという意見もあるかと思いますが
    そこは奇襲戦法なのでご容赦を

    1.△7七馬の戦い
     最善手とされる△7七馬から見ていきます

     △7七馬の王手には▲6八銀か▲6八飛だと思いますが
     玉が右辺に逃げやすくするのと6六の歩に紐をつける意味で
     ▲6八飛の一手でしょう
     (▲4八玉は飛車の活用が難しいのでなし)

     △同馬で飛馬交換は折角の馬を殺すのと
     先手には5五角の楽しみがあるので
     後手としてはつまらない展開でしょう

     攻撃的に行くなら△9九馬 ▲5三桂不成を防ぐなら
     △6二銀、△5二金右 △4二玉あたりでしょうか

     △9九馬と△6二銀の変化を見ます

    1-1 △9九馬

    2009-10-20a.png

    △9九馬と香車を取るのは△7七馬と戻って△6七香車を打つ狙い
    △9九馬には▲5三桂不成(1-1-1)か▲5五角(1-1-2)

    ▲5三桂不成には後手有利を保つには△5七飛成を見ての
    △5二飛の一手のようです
    それ以外の△7七馬や△5五香 △5二金右等は全て互角になります

    長老との研究では△7七馬中心で行ったのでそちらの変化も
    あとで触れます

    △5二飛にどちらの金を取るか悩ましいところで
    ▲6一桂成 ▲4一桂成それぞれの変化を見ます

    1-1-1-A ▲5三桂不成△5二飛▲6一桂成△同玉の場合
      章分けで数字が続きすぎるのはアレなのでここからの変化はAとします

    2009-10-20c.png

    ▲4八玉が一見良さそうに見えますが
    △5三香▲5八金右(左はあとで△8九馬が激痛)△4五桂▲4六角と
    5七の地点を攻められて悪そうです

    2009-10-20e.png

    ▲5八金右△5三香▲4八銀に無双先生の見解では
    △7七馬か△7七桂の2択
    5七の地点を攻める△4五桂は▲6七金と固めて一気に互角になります
    先手の攻め手に乏しいですがほんとかな?

    ( i ) △7七馬まで
    2009-10-20f.png

    以下
    ▲7八銀△6八馬▲同玉△4五桂▲6五角△5七香成
    ▲同銀△5七桂成▲同金△2八飛▲5八金△2九飛成
    が予想進行例

    2009-10-20j.png

    ▲5三桂△同飛▲5四香なんて攻めもありますが、
    単に▲4三角成が最善で-200程度とほぼ互角の展開

    ( ii ) △7七桂まで 
    2009-10-20h.png

    以下
    ▲7八金△8九桂成▲6五角△7九成桂▲同金△7七銀
    ▲6九飛△6六銀成▲4三角成が予想進行例 (互角)

    2009-10-20i.png

    どちらの変化も先手はまだまだ指せそうな展開でしょう

    つづく
     ( 奇襲戦法と思いきや奥が深い いつまで続くのだろうか・・・)
    訪問者数
    プロフィール

    さくらえんじなー

    Author:さくらえんじなー
    所属:クルマ屋さん
    24最高R:1139(5級)
    称号:若駒
    党派:振り飛車党(今ココ)
    得意戦法:
      石田流 
       ゴキゲン中飛車
    座右の銘:
     実るほど頭を垂れる稲穂かな

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    13566位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ボードゲーム
    309位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。