スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    091004 横歩取り △4五角戦法を指してみた

    後手の場合▲7六歩 ▲2六歩には必ず△8四歩とするので
    (対振り 矢倉でほとんど全て)
    後手横歩を持つ機会は少ないのですが、

    本譜は▲2六歩△8四歩▲7六歩となったので
    △3四歩と横歩取りになりました
    (▲2六歩△8四歩は相掛かりがほとんど)

    エナ先生に△4五角は級位者の間では勝ちやすいはずと
    言われたので後手側であまり研究していませんが
    指してみました
    (先手で△4五角▲3五飛の変化だけ研究してます
     ▲2四飛の変化はあまり知らない)

    下図は△4五角戦法基本図
    △2八歩をしてるので後手はただでさえ
    1歩損なのに3枚差になってます

    2009-10-08c.png

    攻めまくるのが基本方針なので細かいことは
    気にしない 

    ▲2四飛の変化あまり知らないなぁと思いつつ
    何してくるかなぁと思ってたら▲3二飛成!!
    △2三歩戦法などでは定跡手で、守りの金がいないのと
    2五角(2三歩戦法では2五角)が不安定なので
    先手いけるというのが羽生の頭脳にもありましたが

    △4五角戦法にはどうでしょうか
    激指先生には定跡登録は一応されてたはず
    進行例は▲3二飛成△同銀▲7五角などでしょうか

    本譜は▲3二飛成△同銀▲8七銀△6七角成▲8六銀△7八馬と
    進んで下図

    2009-10-08d.png

    この時点で-550と後手優勢です
    ▲7五角以外は無理筋だったのかな
    ▲8七銀には△同飛成▲同金△6七角成もあり迷いましたが
    やはり同飛成の方が良いみたいです
    金そっぽは実質2枚換えみたいなものですからね
    6七角成の馬の位置もいいし 反省

    ▲4八玉△7九馬▲3九玉△9九馬▲6九飛△9八馬▲6三飛成
    と進んで下図

    2009-10-08e.png

    左辺をなぎ払い大優勢ですが駒取りに夢中になり、
    龍を作られてしまったのは欲張りすぎたか 
    △9九馬に変えて△7八馬と戻せば龍は
    作れないはずですが、取った香車が先手玉が逃げた時に
    活躍するかもしれないので判断が難しいところです

    △6二金▲6八竜△7六馬▲6三歩△7七歩▲6二歩成△同銀▲8八竜と
    進んで下図

    2009-10-08f.png


    ▲6三歩には交わす一手でしたね金損しますが
    まだ後手有利ですがこれで終盤怖いことになります

    ここからは龍をいじめにいきます
    金を取られた以上竜を召し上げないと納得いかない

    △8七歩▲9六角△7四桂▲7八竜△8六馬▲6七龍
    △63歩▲2二金△3三銀▲3二金と進んで下図

    2009-10-08g.png

    横歩取りでよくある負けパターンに左右から挟撃されて
    負けるというのがありますがそのパターンにはまりそうな感じ
    対局中はそこに意識が回らず龍を追うことしか考えてませんでした

    ここは△3三銀に変えて△4一金が冷静だったかな

    以下
    △6六金▲8七竜△同馬▲同角△7六銀▲同角
    △同金▲8三角と進んで下図

    2009-10-08h.png

    これぞ挟撃パターン 生きた心地がしません
    △5四歩と逃げ道を作るのが第一感でしたが、
    一手で相手を投了に追い込む手があります




    簡単すぎる次の一手ですね
    △3八歩です

    ▲同金も▲同玉も王手角取りが綺麗に決まります

    投了図は下図

    2009-10-08i.png

    王手角のかからない▲7二角か銀が最善ですがそれでも△3八歩
    から▲同玉△8八飛と攻めていくのがいいようです
    ▲7二銀でも後手優勢の局面です
    3三の銀がギリギリの仕事をしてくれています

    △3八歩に変えて受けるなら△5四歩と早逃げの筋も大丈夫そう
    △5二角は受けにはなっていますがさすがにつらいでしょうね

    挟撃を食らってしまった大きな反省材料
    次に生かします

    おわり

    棋譜を見る »

    スポンサーサイト

    091001 横歩取り 対△3三桂戦法 その2

    つづき

    2009-10-03d.png

    以下▲5六歩△7七歩成▲同金△4五桂▲2八角△3七歩
       ▲同桂△同桂成▲同角△4五桂と進んで下図

    2009-10-05a.png

    持ち駒に桂が2枚となって、この角取りを逃げているようでは
    というくらい局面が煮詰まって来たのでいよいよ▲3四桂の
    頃合となってきたので▲3四桂を放ちました

    後手の4五桂はこのタイミングでは遅い気がするんですが
    どうなんでしょうか?

    ▲3四桂△3七桂成▲4二桂成△同玉▲3四桂△5二玉▲3七銀
    と進んで下図

    2009-10-05c.png

    同玉と取ってくれたので▲3四桂のおかわりができましたが
    △3三玉と上がられると以外と後続に悩みます
    まぁさすがに怖すぎるので△5二玉してくれるとは思いましたが

    以下△5六銀▲2二桂成△4四角▲3五角△同角▲同歩
       △5五角▲6六銀と進んで下図

    2009-10-05d.png

    △4四角の飛金圭取りをうっかりしてた~
    が、▲3五角が辛い反撃で△同角以外は寄り筋になるんじゃないでしょうか?

    再度の△5五角に5六の銀がただなので▲6六銀と節約してみました
    △2二角は多分そんなに怖くないはず

    実戦は△同角▲同金△5七銀▲4九玉△6六銀成▲3二成桂
    と進んで下図

    2009-10-05f.png

    △6六銀成が多分緩かったと思います 3二の金が質駒なので
    この辺りで勝ったかなぁと意識しました
    (私の場合勝勢が一番危ないのですがw)

    △7二飛と7九飛成を狙ってきますが、
    それを許すわけにはいきません

    ▲4一角△6二玉▲8四角△7一玉▲7三歩△6二飛▲7三桂
    と進んで後手投了です ほとんど受けなしではないでしょうか

    投了図は下図

    2009-10-05g.png

    ▲7二金からの詰めろだと思います 

    △3三桂戦法は▲3四桂の筋を避けるために
    △8二飛とは引けず、5四飛で5七の地点を攻めつつ
    3四の地点をケアしないといけないのかなという
    感想を持ちました

    おわり

    棋譜を見る »

    091001 横歩取り 対△3三桂戦法 その1

    久しぶりの野良の自戦記
    激レア戦法?の横歩取り△3三桂を初めて
    されたので、紹介します

    24で1000局近くこなしましたが
    初めてです
    まぁ横歩取り自体がこちらが望んでも
    遭遇率低いので
    (これまでRではせいぜい30局程度)

    最近横歩取りの記事しか書いていない・・・

    2009-10-03a.png

    角道を閉じて一瞬息苦しい感じがするのですが
    △4五桂と跳ねて色々な罠が仕込まれている戦法のようです

    全然定跡は知りませんでしたが
    とりあえず7六歩は取られないようにというのが先手の務めですから

    ▲3六飛△8四飛▲2六飛(この辺は定跡だろうな 多分)
    △1四歩(▲1六歩と返すのは横歩では罠がありそうだ)
    ▲5八玉(△4五桂が怖いので5七の地点は守らないと早めに)
    △8六歩(ちょっとうっかりしてたほっとくと怖いね)
    ▲6六角△8五飛▲7七桂△8二飛▲8五歩
    (8七歩成されると終わるので角桂で飛車をいじめつつ手順に桂跳ね)
    と進んで下図

    2009-10-03b.png

    ここで▲8四歩なのか▲8五歩なのか迷うところでしたが
    △7三桂から8五の歩を取りに来たときに歩損しますが
    △8五桂▲同桂△同飛の時に▲7七桂のおかわりで先手を取れるのと
    8二に引いたら5五角でいじめてやろうという読みで▲8五歩にしました

    △4二銀▲3八金△7四歩▲4八銀△7三桂▲3六歩
    △8五桂▲同桂△同飛▲7七桂△8二飛▲5五角△6四桂と
    読み通り進んで下図

    2009-10-03c.png

    △6四桂は読み抜け・・ △7六桂と後々跳ねられたら不味いねと
    いうことでこの桂馬を攻めに行きます
    角が飛車を睨んでいる限りは動かせないので
    後手ももちろん先手の角をいじめに来ます

    ▲8五歩△5四歩▲4六角△6二銀▲6六歩△5三銀
    ▲6五歩△7五歩▲6四歩△同銀▲6五歩△5五銀
    ▲3七角△7六歩と進んで下図

    2009-10-03d.png

    角の引き場所に悩みました
    ▲3七角△4五桂に当たってしまうんですよね
    かといって▲2八角は飛車が死にかねない・・・
    桂得に気をよくしていましたが、それも解消されそうで
    上部を圧迫されこのあたりは危ない感じですね

    ▲3四桂?忘れてないですよ・・(汗
    そのタイミングを計っていました

    つづく

    090928 対アバさん 横歩取り △8四飛戦法

    アバ先生との対局です

    戦型はまたもや横歩取り
    王位戦第7局も横歩取りだったし、最近本当流行ってますね

    携帯将棋道場の方では21局指して10局横歩取りで
    横歩率は脅威の50%弱!!(おかしいだろw)

    2009-09-29a.png

    △8四飛戦法か・・・うーん・・
    指されたこと初めてなので分からん

    最近将棋を始めたせいで△2二銀▲8七歩△8五飛しか
    されたことないのです

    とりあえず中住まいにしてみる

    2009-09-30a.png

    △1四歩に▲1六歩にしてはいけないのは
    対雪舟戦で学習済み

    △8六歩▲同歩△同飛には▲3五歩
    これも横歩取り道場4巻にあった変化のはず

    よしよし

    次の△8五飛に対して失敗しました
    △8五飛▲3六飛△2八歩で下図

    2009-09-30b.png

    ▲同金は△8八角成▲同銀△5五角で両取りでアウト
    この歩が取れません
    △8五飛戦法では▲3六飛と変化できるのですが
    その場合は8七に歩があるんですよね

    ひとつのうっかりで即死級に痛いのが横歩取りの怖いところ

    ▲3六飛に変えて
    ▲7五歩△8八角成▲同銀△7五飛▲7七桂△3五飛▲3七銀△2三歩
    までが無双先生には定跡登録されています(下図)
    激指先生ならもっと長いかも

    2009-09-30d.png

    で定跡を外れた次は▲3六歩▲3六銀▲8四歩▲8六飛▲9六歩▲1六歩
    ▲7六歩▲7四歩辺りの評価が50点の評価値の間にひしめいており
    非常に手が広い局面のようです

    本譜は△2八歩▲3七桂△2九歩成と進んで下図

    2009-09-30f.png

    次に▲1八香と上がってしまいましたがこれが悪手
    ここからラッシュを掛ければまだ難しい局面だったようです

    ▲3三角成△同桂▲8六歩△同飛▲8七歩△8五飛▲7七桂が
    一例で下図

    2009-09-30g.png

    と金を作られているので厳密には後手いいでしょうが
    先手先手をとって攻めれば、無双先生によるとほぼ互角の展開のようです

    以下は一方的に攻められてしまったので
    特にありません

    おわり

    棋譜を見る »

    090927 対雪舟戦 横歩取り △8五飛戦法 その2

    雪舟殿が棋譜を覚えておられました
    感謝感激 つづきが書けます

    下図は前回まで
    2009-09-28c.png

    以下△5五角▲1八歩△3四歩▲4七銀△3二玉▲4九飛
    と進んで下図

    2009-09-28d.png

    2筋は無理とみて4筋の方に飛車を振り
    角をいじめにいきます
    時間の掛かる攻めをしているせいで後手玉が
    どんどん堅くなっているなぁ

    △5二金▲4六銀△6四角▲6六歩△5四歩▲6八玉
    △3三銀▲6五桂△同桂▲同角と進んで下図

    2009-09-28e.png

    桂馬を交換してやっと何かできそうな感じに
    なってきましたがいまいち方針のないまま
    手を進めている感じでした

    ▲6八玉としたのは後で△4六桂で両取りに
    なるのを避けた狙いですが何かなかったか

    ここまで互角

    以下△5三銀▲4七金△4二金▲7七銀△7三角
       ▲5六角△6四歩▲8九飛と進んで下図

    2009-09-28f.png

    右辺ではもう何もできなそうだったので
    8筋に飛車を展開
    この辺は一貫して▲3五歩から攻めろと無双先生は
    仰っています 手を作れたのですね

    ▲8九飛もなかなか魅力ある手だと思い
    そんなに評価がわるくなかったようですが(ここまで互角)

    △5五歩▲同銀で終わりましたw
    △6五歩に受けるのは▲6七桂くらいしか受ける手はありませんが
    こんなとこに桂馬を打つのも嫌だしなーとか
    ▲4七銀と戻るのもちょっと・・・

    とか考えていたら切れ負けとなってしまいました
    これからというところで申し訳なかったです

    以下切れ負け図

    2009-09-28g.png

    横歩取りを指せそうな先生を見つけたので
    また宜しくお願いします

    おわり

    棋譜を見る »

    訪問者数
    プロフィール

    さくらえんじなー

    Author:さくらえんじなー
    所属:クルマ屋さん
    24最高R:1139(5級)
    称号:若駒
    党派:振り飛車党(今ココ)
    得意戦法:
      石田流 
       ゴキゲン中飛車
    座右の銘:
     実るほど頭を垂れる稲穂かな

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    7846位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ボードゲーム
    177位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。