スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    091004 横歩取り △4五角戦法を指してみた

    後手の場合▲7六歩 ▲2六歩には必ず△8四歩とするので
    (対振り 矢倉でほとんど全て)
    後手横歩を持つ機会は少ないのですが、

    本譜は▲2六歩△8四歩▲7六歩となったので
    △3四歩と横歩取りになりました
    (▲2六歩△8四歩は相掛かりがほとんど)

    エナ先生に△4五角は級位者の間では勝ちやすいはずと
    言われたので後手側であまり研究していませんが
    指してみました
    (先手で△4五角▲3五飛の変化だけ研究してます
     ▲2四飛の変化はあまり知らない)

    下図は△4五角戦法基本図
    △2八歩をしてるので後手はただでさえ
    1歩損なのに3枚差になってます

    2009-10-08c.png

    攻めまくるのが基本方針なので細かいことは
    気にしない 

    ▲2四飛の変化あまり知らないなぁと思いつつ
    何してくるかなぁと思ってたら▲3二飛成!!
    △2三歩戦法などでは定跡手で、守りの金がいないのと
    2五角(2三歩戦法では2五角)が不安定なので
    先手いけるというのが羽生の頭脳にもありましたが

    △4五角戦法にはどうでしょうか
    激指先生には定跡登録は一応されてたはず
    進行例は▲3二飛成△同銀▲7五角などでしょうか

    本譜は▲3二飛成△同銀▲8七銀△6七角成▲8六銀△7八馬と
    進んで下図

    2009-10-08d.png

    この時点で-550と後手優勢です
    ▲7五角以外は無理筋だったのかな
    ▲8七銀には△同飛成▲同金△6七角成もあり迷いましたが
    やはり同飛成の方が良いみたいです
    金そっぽは実質2枚換えみたいなものですからね
    6七角成の馬の位置もいいし 反省

    ▲4八玉△7九馬▲3九玉△9九馬▲6九飛△9八馬▲6三飛成
    と進んで下図

    2009-10-08e.png

    左辺をなぎ払い大優勢ですが駒取りに夢中になり、
    龍を作られてしまったのは欲張りすぎたか 
    △9九馬に変えて△7八馬と戻せば龍は
    作れないはずですが、取った香車が先手玉が逃げた時に
    活躍するかもしれないので判断が難しいところです

    △6二金▲6八竜△7六馬▲6三歩△7七歩▲6二歩成△同銀▲8八竜と
    進んで下図

    2009-10-08f.png


    ▲6三歩には交わす一手でしたね金損しますが
    まだ後手有利ですがこれで終盤怖いことになります

    ここからは龍をいじめにいきます
    金を取られた以上竜を召し上げないと納得いかない

    △8七歩▲9六角△7四桂▲7八竜△8六馬▲6七龍
    △63歩▲2二金△3三銀▲3二金と進んで下図

    2009-10-08g.png

    横歩取りでよくある負けパターンに左右から挟撃されて
    負けるというのがありますがそのパターンにはまりそうな感じ
    対局中はそこに意識が回らず龍を追うことしか考えてませんでした

    ここは△3三銀に変えて△4一金が冷静だったかな

    以下
    △6六金▲8七竜△同馬▲同角△7六銀▲同角
    △同金▲8三角と進んで下図

    2009-10-08h.png

    これぞ挟撃パターン 生きた心地がしません
    △5四歩と逃げ道を作るのが第一感でしたが、
    一手で相手を投了に追い込む手があります




    簡単すぎる次の一手ですね
    △3八歩です

    ▲同金も▲同玉も王手角取りが綺麗に決まります

    投了図は下図

    2009-10-08i.png

    王手角のかからない▲7二角か銀が最善ですがそれでも△3八歩
    から▲同玉△8八飛と攻めていくのがいいようです
    ▲7二銀でも後手優勢の局面です
    3三の銀がギリギリの仕事をしてくれています

    △3八歩に変えて受けるなら△5四歩と早逃げの筋も大丈夫そう
    △5二角は受けにはなっていますがさすがにつらいでしょうね

    挟撃を食らってしまった大きな反省材料
    次に生かします

    おわり
    棋戦:レーティング対局室
    先手:相手 .
    後手:さくら

    ▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △3四歩 ▲2五歩 △8五歩
    ▲2四歩 △同 歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四飛 △8六歩
    ▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △8八角成 ▲同 銀 △2八歩
    ▲同 銀 △4五角 ▲3二飛成 △同 銀 ▲8七銀 △6七角成
    ▲8六銀 △7八馬 ▲4八玉 △8九馬 ▲3九玉 △9九馬
    ▲6九飛 △9八馬 ▲6三飛成 △6二金 ▲6八龍 △7六馬
    ▲6三歩 △6七歩 ▲6二歩成 △同 銀 ▲8八龍 △8七歩
    ▲9六角 △7四桂 ▲7八龍 △8六馬 ▲6七龍 △6三歩
    ▲2二金 △3三銀 ▲3二金 △6六金 ▲8七龍 △同 馬
    ▲同 角 △7六銀 ▲同 角 △同 金 ▲8三角 △3八歩

    まで60手で後手の勝ち
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    一言コメント

    38歩いい手ですね!
    盤面広く見てますね。

    27手目48玉に対して88飛として
    飛で桂と香を取るのがいいと思います。この先手玉は飛に弱い形ですから。
    といって先手が警戒して受け駒を使うと攻め駒は少なくなって
    後手玉は安泰。攻めるが守るなり。

    飛を打った後、馬を23馬として自陣の傷を消して竜で攻めるのが
    負けにくい指し方かなあ。

    馬は自陣に。竜は敵陣に。

    訪問者数
    プロフィール

    さくらえんじなー

    Author:さくらえんじなー
    所属:クルマ屋さん
    24最高R:1139(5級)
    称号:若駒
    党派:振り飛車党(今ココ)
    得意戦法:
      石田流 
       ゴキゲン中飛車
    座右の銘:
     実るほど頭を垂れる稲穂かな

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    リンク
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    10613位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ボードゲーム
    229位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。